読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘が1歳になりました

(なかばむりやり餅を背負わされる娘)

生まれてはじめてのお誕生日でした。 
なのに!!
インフルエンザにかかった主人からウイルスをプレゼントされてしまい、誕生日前日に高熱を出し、当日も熱が下がったり上がったりと辛そうに過ごし、その後さらに気管支炎までわずらい、咳で眠れぬ夜を過ごすという、生まれてはじめての誕生日をハードに過ごした気の毒な娘。人生ってきびしいね!  というか、マジで健康第一ですね。人生で大事なことは第一も第二も第三も健康です、ということをあらためて思い知らされた誕生日でした。
熱が下がってからもしばらく声がゴラムでしたが、いまは快復し、元気に過ごしています。

なにはともあれ、なんとか1歳の誕生日をむかえられて、ほっとしています。
そして、一人インフルエンザウイルスに屈しなかった自分をほめたいです。
生後2ヶ月くらいのとき、眠っている小さい娘の呼吸を何度も確認しながら(当時は娘が昼寝しているあいだ、何度も生存を確認しないと不安だったのです)、「ああ、こんなに大切なものができてしまって、わたしはもう死んだり病気したり、できないな。否が応でも強く生きなければならない」と思いました。
「子はかすがい」といいますが、それは夫婦の間だけのことではなく、わたしと世界ぜんぶとのむすびつきを娘が強くしてくれたような気がしました。
娘が生まれてからのこの一年間、今まで知らなかったたくさんのことを知り(予防接種とか、保育園のこととか、食品アレルギーのこととか)、たくさんの人との出会いがあり、世界とのつながりがぐいぐい強くなり、それまでふわふわくよくよ生きていたというか、いろんなことを諦めながら宙ぶらりんな気持ちで日々を過ごしていたわたしの足がビッチリと地についたように思います。
「ママ友」は、残念ながら近所に見つけることはできなかったけれど、はてなツイッターつながりでたくさんの方とやりとりさせて頂いて、id:ka_el さんとはおうちを行き来できる唯一の「ママ友(!!)」になってもらえて、ほんとうにありがたいです。もうはてな社に足を向けて寝られません。

もちろん育児の日々は良いことばかりというわけにはいかず、日々それなりにハードなのですが、この一年でいちばん辛かったのは、夏に娘の風邪をもらい高熱を出したときでした。関節痛がひどく、ギャンギャン泣く娘を抱っこできず、となりに倒れこんで「うでがー痛くて抱っこできないー!ごめんんー!」とか言って一緒に大泣きしました。夜は買いおきしておいたベビーフードを冷たいまま食べてもらい、「こんなごはんしかなくて・・ごめん・・」と、また泣くわたしを尻目に娘はばくばく食べていました。高熱でガタガタ震えながら娘をお風呂に入れたはずですが、そのへんは記憶すらあいまいです。
「そんなことも今では良い思い出!」とか言ったらそのときの自分がタイムマシンに乗って殴りに来そうなので言えません。辛い思い出は辛い記憶のままでいいと思っています。

たくさんのものをわたしにはこんでくれて、娘にほんとうに感謝しています。これからも元気に大きくなっておくれ!