読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なっとうごはん

約1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。というのも、書くことがなかったのです。
この日記はいちおう「ご飯とものがたり」の記録なのですが、もはや本も読まず、映画もみない生活になっています。読もうと思えば時間は捻出できるのですが、読む気が不思議とわきません。日々変化する娘の姿をにやにやながめて満足していると、毎日あっという間に日が暮れています。
ご飯に関しては、最近いつも主人の帰りが遅く、わたし一人ですませることが多いので、納豆ご飯ばかり食べています。じゃこをいれたり海苔をいれたり、オクラやモロヘイヤ、きんぴらごぼうに至るまで、なんでも納豆とまぜて食べています。  納豆にピクルスが意外と合うことを発見しました。

米がなければ蕎麦を食べればいいじゃない!


洗濯して掃除して授乳して娘をあやして納豆ご飯を食べる、部屋と肌着(娘の)と娘の日々・・・ものがたりもごはんも無く、このままですと、ブログのタイトルは「なっとうごはん」になってしまいます。

怖い、この曲、なんだか怖い・・!!PVも怖い!  なんでしょう、この幸せホラー劇場。

主人のお弁当は時々つくっています。

お弁当箱をうめるのって、どうしてこんなに楽しいのでしょうか。
サンドイッチ用の大きいお弁当箱も買いました。

楽しいから作っているので、主人がおいしいとかありがとうとか言ってくれなくても構わないといえば構わないのですが、たまには言ってくれてもいいのに、と思うこともあります。

そんなときはブログに載せればいいや、と思えるので、ブログやっててよかったなーと思います。料理をはじめ、家事を「愛するあなたのため」にやっていると、わたしは心が疲れて「KANSHAして〜」という気持ちになりかねないので、なるべく「自己満足」で納得できるように心がけています。

この曲も怖い・・!! ファンが怖い!

自己満足が原動力だなんて、寂しい考え方のようですが、もし主人が「家族のために働いてる」なんて思うようになったら、私も息苦しく感じると思うので、いまはそれでいいんじゃないかなと思っています。
(もちろん、家族のために働くという考えを否定するつもりはありません。それは素晴らしいことだと思っています。ただ、私自身は息苦しく感じる、というだけです。)


娘は生後4ヶ月半でやっと首が据わりました。 笑顔が増えたのがいちばんの変化でしょうか。しかし笑顔がいつもかわいいものとは限らないのです。
悪い笑顔

悪事をたくらむ0歳児。「この手ぬぐいで・・・ヒッヒッヒ、ぼろもうけじゃあ!」